株式投資

利回り250%も?端株投資のすすめ

以前、端株投資でありえない銘柄数をもっていたことを伝えましたが、今回は端株投資をすることで受けられるメリットのいくつかをお伝えさせていただきます。

①メリット端株でも受けられる優待について

一つは、端株でも優待が受けられることについて。今の有名どころだと、上新電機(株価1932円)で全国のJoshinで使える割引優待優待券5000円分(200円×25枚)です。単純利回り250%です。

日テレ(株価1300円)は、スポーツクラブの招待券とイベントの招待券などがついてきます。これも2000円くらいは価値があるので、単純利回り100%超えます。

クラレとか富士通とか富士電機あたりは割と立派なカレンダーとかくれたりします。

(端株優待は改悪される傾向があるので、将来的にあることを保証するものではありません)

②長期保有優待の対象になることがある

長期保有していると優待の内容がよくなる会社がいくつかあります。クロス取引だけで優待を取っていると株主番号が変わってしまうので長期保有の特典は受けられません。しかし、端株で1株でも持っていると株主番号が変わらないので長期保有優待の特典が受けられます。割とどこの会社も適用されると思いますが、ぜんぶの会社でそうなるかまで詳しくやっていないので確実かとまでは言えません。リコーリースとかオリックスあたりは適用された実績はあります。1株のおかげで長期優遇されると端株の元はすぐ取れます。